出水市の主な住まいの制度

住まい

北西部の八代海に面し、ツルの渡来地としても知られる出水市独自の主な住まいの支援制度について紹介します。

木造住宅新築等建築工事促進事業

住宅の新築、増改築工事を行った人に対して、補助金を交付しています。ただし、市内の業者を利用することが条件であり、予算の範囲もあるとのことです。

補助額は、新築工事の場合:一律30万円、増築工事の場合:補助対象工事費の15%(上限15万円)となっています。

参照URL:木造住宅新築等建築工事促進事業|鹿児島県出水市 みんなでつくる活力都市 住みたいまち 出水市 (kagoshima-izumi.lg.jp)

危険ブロック塀の撤去及び撤去後のフェンス等の設置への補助

地震発生時におけるブロック塀等の倒壊による被害を防止するために、危険なブロック塀等の撤去及び撤去後における新たな塀等の設置にかかる費用の一部について補助金を交付しています。

補助金の額は、撤去の場合:撤去費用(上限12,000円/m)x2/3 上限20万円新たな塀等の設置の場合:設置費用(上限15,000円/m)x2/3 上限20万円となっています。

参照URL:危険ブロック塀の撤去及び撤去後のフェンス等の設置に補助します|鹿児島県出水市 みんなでつくる活力都市 住みたいまち 出水市 (kagoshima-izumi.lg.jp)

住宅解体工事促進事業

市内事業者を利用して一般的な住宅の解体工事を行う人に対し補助金を交付しています。

補助金額は、対象工事費の15%(上限15万円)となっています。

参照URL:住宅解体工事促進事業|鹿児島県出水市 みんなでつくる活力都市 住みたいまち 出水市 (kagoshima-izumi.lg.jp)

コメント

タイトルとURLをコピーしました